新月の過ごし方、満月の過ごし方、ボイドタイムの過ごし方

お財布フリフリで
新月、満月、ボイドタイムについて
目にする機会が多いのですが
新月、満月、ボイドタイムって
どんな日なのでしょう?

新月、満月、ボイドタイム
順にみていきます

 

新月は願い事をする日

新月はお月様が完全に隠れて
夜空から月が姿を消します

新月には願いを叶える強い力が働き、
新月から48時間以内に願い事をすると、
願いが叶いやすいと言われています。

願い事の数は2個~10個、
手書きで紙に書いていきます。

主語は自分、内容は具体的かつ肯定的に、
その星に沿った願い事にすると効果があります。
 

満月は感謝する日

満月は月がまん丸になり
月が一番満ちた状態になります

つまりエネルギーがピークに達する満月の日に、
感謝したいことを書き出したり、
自分自身を見つめ直すと、
心にゆとりが生まれてくると言われています。

月の形が満月をピークに
「まんまる」から欠けていくように、
満月から新月の間は、
不必要なものを手放してみましょう。

掃除、整理整頓、ダイエット、
プチ断食をはじめるのに適しています。
 

ボイドタイムは魔の時刻

ボイドタイムは、
月が他の星と関係を持たなくなってから、
次の星座に移動するまでの空白の時間のことです。

ボイドタイムは魔の時刻と呼ばれ、
基本的にこの時間に始めたことは無効になりやすく、
気持ちも不安定になりやすく、
重要な契約や新しいことをはじめるのは
避けたほうが良いといわれています。

3日に一度は訪れるボイドタイム。

しがらみから解放され自由になれる時間でもあり、
掃除や身体のお手入れに向いています。

 
新月、満月、ボイドタイム
それぞれの特徴に合わせて
生活を見直してみると
開運が加速するかもしれません

月の満ち欠けは神秘的です

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ